成長82段目「Alpine Golf Club」の巻

Posted by Mr.Bogey on 金曜日 7月 10, 2015 Under Bangkok エリアのゴルフ場

Mr.Bogeyです。

本日はアルパインに来ております。

北海道からの挑戦者H兄とのラウンドです!!
今月に入り雨の降る日が多くなっているタイですが、

この日も朝から殴りつけるような大雨。。
実は隠れ雨男のBogey、特にこの時期になると、

結構な確立で雨でのラウンド。。
しかし、コンディションが悪くなればなるほど、

不思議とスコアが良くなるのがBogeyのゴルフ。

今日はいいスコアでラウンドできそうな気が、、
しかし、ゴルフ場に近づくにつれさっきまでの雨雲が

嘘のように晴れてきました。

クラブハウスで食事をする頃にはまさかの快晴


晴れ男H兄に食われ気味のBogeyですが、

ゴルフの方は負けられません!!

真剣勝負させて頂きます!!
アルパインの1番ホールは相変わらずのプレッシャー。

肝心のティーショットを池に入れてしまい。

ダボスタート、H兄はBogeyのお株を奪うナイスボギー

むむ、やりますな兄。

その後もとりつつ、とられつつ、平行線を保っておりましたが、

前半最後のショートホールでBogeyに勝利の女神が微笑みます。

 
ティーショットをバンカーにいれ、何とかバンカーから出すものの

ボールはピンの上、下りの高速グリーンのめちゃ難しいライン・・

この位置につけて、過去に3パット、4パットと叩いてきたプレーヤー

を何人も知っております。
ここは外せないホール、じっくりとキャディにラインを読んでもらいたいと思います。

キャディーの指示通りに打ったボールはうまくラインにのりカップに吸い込まれていきます。

このラインを読み切る、ベテランキャディ流石です。
H兄はこのホールスコアを落とし、Bogeyのリードで前半終了!!
後半に入りH兄の追い上げに数打差まで詰め寄られるものの何とかホールアウト。

めちゃくちゃ楽しいゴルフができました。

次回も是非お願い致します!!

 

 

 

 

 

Tags : | add comments

成長79段目「Alpine Golf Club」の巻

Posted by Mr.Bogey on 月曜日 5月 11, 2015 Under Bangkok エリアのゴルフ場

またまたアルパインにきております。

今年に入って早6回目のラウンド、一番ラウンドしているコースです!!

こんな幸せもののBogeyですが、アルパインでいい結果が残せておりません。


本日のラウンドは、定期的にご一緒させていただいている飛ばしやTさんと先輩とのラウンド。

スコアは勿論ですが、この二人と回るときは飛距離がかなり重要になります。

最近チーピンを恐れるがあまりドライバーをかなりセーブして打っており

飛距離が200ヤードちょっと、この距離では

二人に60~70ヤード程置いていかれペースが崩れること必至。。
本日は久しぶりに朝一マン振りの封印をときたいと思います。
朝一の万振り、左にチーピン気味でバンカーへ。。そしてトリ。。

Tさんは右の林に打ち込むも、2打目をナイスリカバリーでパー。

先輩も軽く打って250ヤード、フェアウェイキープのパー。

続くホールもTさん、先輩と豪快なビッグドライブ

いやーTさんの豪快なスイング、振ってますねー!見てて気持ちいいっす!!

先輩もさらっと打って270ヤードのドライブ。

何でかるーく打ってあんなに距離が出るんでしょうか。。さっぱりわかりません。。

負けじとBogeyも超フルスイングで応えたいと思います。

Bogey渾身のショットは右に飛び出し、そしてブーメランのように直角に

左に曲がる謎の軌道でフェアウェイに。。

一同驚愕のショット。。

チーピンを超えるチーピン、そんなショットに命名された名前が、チーピンの向こう側。。

超左ドックレックのコースでは非常に有効な武器になること間違いなし!

もちろん狙って打てればの話ですが。。

そんなBogeyをよそにTさん絶好調!!

前半おわり、アルパインのバックティーで42の高スコア。

あれっ先輩負けてないっすか。。

後半に入り、Bogeyのチーピンがさらに覚醒

アイアンにもチーピンの影が見え隠れし始めます。
前半調子のよかったTさんですが、後半に入り少しスコアが乱れてきてます。

しかし、相変わらずドライバーは絶好調で、ロケットのような弾道。
ドライバー、スコアともにフルボッコにされ残念な結果に終わってしまいましたが。

次回はきっちりとリベンジさせて頂きます。

Tさん、次回はアヨダヤリンクスにて挑戦させてください!!

Tags : | add comments