Mr.Bogeyです。

今回で11回目の開催となりましたおなじみ「ゴル仲コンペ」に参加の為、

Rancho Charnvee に来ております。

コラートの手前に位置するこのゴルフ場はバンコクから車で約2時間程の場所にあります。


2010年にできたオープンして間もないゴルフ場です。クラブハウスもすごい立派です。


前回のコンペではボールを池に落とすこと14回、OB4回と

今までの池ポチャ&オービー、ワースト回数を一日で更新するという偉業を達成し

すっかりトラウマになっているBogeyですが、どうやらここのゴルフ場は池があまりなく

広々とした設計のゴルフ場との事で、Bogeyには相性がいいんじゃないとの先輩からのアドバイス。
豪華なクラブハウスでとる朝食は格別。

早速チームわけのくじを引きます。


本日のチームはゴル仲コンペを代表する飛ばし屋のNさん、Oさん、

初参加のIさんとご一緒させて頂くことになりました。

早速、1番ホールに移動し記念撮影をパシャリ。



1番ホールはなんと、いきなりの池超えコース・・・

先輩から池はあんまりないから心配しなくても大丈夫だよ!!といわれていたので

いきなりの池超えホールには、心の準備が・・・ちくしょ~!はめられた!!


しかも2番組スタートだったので、後ろにはまだスタート待ちのチームがおり、

2重のプレッシャー、しかも、Bogey池気をつけなよーと悪魔のささやきが後方より聞こえてきます。

過去最高のプレッシャーを浴びながらも、ティーショットは何とか成功!!

それにしても、コンペの時の一番ホールは本当に緊張しますね、余り成功したためしがありません。

1番ホールは何とかBogeyでしのぎ、幸先のいいスタート!

続く2番ホールはパー、3番ホールボギーと、結構調子がいいです。

本日の同伴競技者の方は皆さんすごい飛ばします。

Bogey渾身のあたりでも一番後ろ、特にNさんのドライバーショットは300以上飛んでるのでは。

そんなに体も大きくないのに、プロ並みの飛距離はすご過ぎます。

途中10打叩く大事故に見舞われるも、

パー3で、ピン横60センチにつけるショットで久々のバーディーをゲット!!


前半でチームスコアーが7アンダー、後半もこの調子でスコアーが伸びれば

悲願の初優勝にも手が届きそうです。

後半はなかなか調子がでず、ダブルパー、ダブルパー、トリと後半3ホールでいきなりの11オーバー・・・

なかなか活躍のないBogeyですが、ここはチームの皆様のがんばりでスコアーを伸ばして生きます。
  

そして続くロングホールではまさかのロングパットが決まり本日2度目のバーディー。

日にバーディー2つもとるなんてかなり初めて!!

後半終わってみればチームスコアーは後半13アンダーまで伸びました。

これで何とか優勝争いに絡めそうです。



緊張の成績発表、まずグロストップはBogeyのチーム!!

続いて1打差で先輩のチーム。

そして新ルールの隠しホールが発表されます。

隠しホール1打増えBogeyチームは12アンダー、先輩チームは2打へこみ13アンダーで優勝!!


まさかの逆転で2位に転落。。。いやー悔しかったっす。


まぁでも、久しぶりにニアピンもゲットしたしバーディーも2つ取ったし、ゴルフ場はとても綺麗だし

とても盛り上がったゴルフコンペでした。

恒例ビンゴゲームでは、Tさんが見事にスコッティーキャメロンのパターをゲット!


おめでとうございました!!
今回のビンゴゲームは特別にもう一商品!!電動3輪車です。
これがかなりの優れもので、折りたたんで車にもしまえるし、スピードも40キロまででるようです。
いやー、これほしかったなぁ~~

気になるBogeyのスコアーは50、54の104でしたが、マイペンライっす!!

ゴル仲コンペ サイコー!!
Tags : | add comments

Mr.Bogreyです。

今回は以前にに参戦したシンハークラッシック・プロアマのレポート。

場所はバンコクから車で約一時間半、ナコンナヨックのロイヤルヒルです。

こちらのゴルフ場ですが、Bogeyのホームグラウンドでもあり、今までで一番多く通っているゴルフ場でもあります。

一向に上達しない私Bogeyですが100を切った事が3回あり、全てこちらのゴルフ場。

そんなゴルフ場で第一線で活躍されているプロと回れるなんて感無量です。

前日はテンションがあがりすぎてあまり眠れませんでした。

本日ご一緒させていただくプロゴルファーは、トッププロのPiya選手。

又、タイのプロの中でもトップスリーに入る飛ばし屋との事です。

以前に僕の先輩が一緒にラウンドをしドライバーで40ヤード近く置いていかれたといっていました。

普段キャリーで280ヤード位飛ばす人が40ヤードも離されるとは・・・、

Bogeyにとっては完全に未知の領域。

本日のラウンドで何とかその飛距離の秘訣を探り当てたいと思います。

軽い昼食を済ませいざティーショットです。

プロはブラック、Bogey達アマチュアはレギュラーティーからのティーショット。

はじめてみるプロのショット、、、早っ!!スイング早すぎです。

テイクバックに入ったと思ったら次の瞬間にはフィニッシュ!!

ボールの初速が速すぎアンド超高弾道でてとてもじゃないですが目で終えません。

そして、お待ちかねBogeyのティーショット、

あくなき飛距離を追い求めドライバーの猛練習をしてきた成果を発揮したいと思います。

怖いもの知らずのMr.Bogey朝一から懇親の力を込め打ったショットは

プロにも負けない位の超高弾道でナイスなショット!?

イヤーどんだけ飛距離が出ているのか楽しみです。

意気揚々とフェアウェイを歩いていくと一番最初に見えた見覚えのあるボール、

推定距離200ヤード。

高弾道に見えたBogeyのショットは実は唯のテンプラでした

上空で失速したボールは風の影響でかなり戻されてしまったようです。。。。無念

それにしてもプロの飛距離はすごいです。

ホールを重ねるごとにプロのショットのすごさを実感、魅入ってしまいます。

先輩のナイスショット280ヤードをバックティーから軽くオーバードライブ、

さすがの先輩もプロには及ばず、悔しそうにしてました。

ドライバーもすごいですが一番びっくりしたのはショットの正確性、

100ヤード内は必ずといっていいほどピンそばまで寄せてきます。

どんだけ練習を積めばこのようなショットが打てるようになるのか。。。

きっと途方もないような数をこなしてきたにちあいありません。

又、Piya選手はこの飛距離を維持するために毎日の筋力トレーニングを欠かさないそうです。

Bogeyもタイに来てすっかりたるんだ体を鍛えなおそうかなと思っております。

色々といい話が聞けあっという間にラウンドが終了。

結果はあまり良くなかったですがとても貴重な体験ができました。

ちなみに今大会で優勝したチームはバースタイランド率いる市原店長のチームでした。

おめでとうございます!!

Tags : | add comments